ご挨拶

豊橋で大正時代より営み。色々な歴史を経ながら今の「羽子吾」になりました。

「老舗」に胡坐をかくことなく、三代目が伝統の味を「今」にしっかりと受け継ぎ 、四代目が、日本料理を修業し、羽子吾に新たな味と料理で皆様に お喜び頂けるものを追求しております。 豊橋を中心に、地元三河の魚介類、野菜を使った寿司や日本料理を新鮮で食材の味 を生かした調理を心掛けております。

宴会場もありますので、様々な場面でご利用頂けるよう、皆様のお越しをお待ちしております。

ご挨拶

創業1923年(大正12年)、松葉町芸子町にて、
初代が「三浦屋」を開業し、うどん丼物を扱う店として、
当時から地元の皆様に親しまれてきました。

戦時中に花田町(現在地の大橋通り1丁目)に移転し、
昭和23年、2代目が「杏花村」に改名して寿司店を開店。
寿司と共にうなぎ料理も初め、今の羽子吾の礎を築きました。

東京オリンピックのあった昭和40年、屋号を今の「羽子吾」に変更。
昭和50年、「有限会社 羽子吾」として会社設立。
3代目が伝統の味をしっかりと受け継ぎ、4代目が日本料理を修業し、常に新しい味をお客様 にご堪能頂き、地元に愛され、地元の味を愛していただける味をお届けしてまいります。